秋元康ガールズバンドオーディションは出来レース・ヤラセ?一部で不安の声あがる。

音楽プロデューサーの秋元康さんとWarner Music JAPANによる「国民的ガールズバンドプロジェクト」が始動しますね!

そのメンバーを募集するオーディションが9月4から始まりましたが、すでに一部の応募予定者からは「出来レースでないことを祈ります」と、ヤラセではないか心配という声があがっています。

坂道合同オーディションが「出来レース」と一部で騒がれていることが影響しているのかもしれませんね…。

スポンサードリンク

国民的ガールズバンドとは?

「国民的ガールズバンド」とは、秋元康さんとワーナーミュージック・ジャパンが手を組んでつくる新しいバンドプロジェクトです。

秋元康さんは「新しい試みにすぐ飛び込んでくれるのはいつだって女の子」とし、バンドメンバーは全員女の子で形成されます。

普通のバンドと違うのは、楽曲によってメンバーを選抜するというシステム。ギター・ベース・ドラム・ボーカルなどのパートごとにメンバーが所属し、楽曲によってメンバーを選別し入れ替えていくようです。選抜するシステムはAKBと似ていますね。

秋元康ガールズバンドオーディション内容

募集資格

・全国の満12歳~満19歳までの女の子(2019年3月末時点の年齢)
・音楽、楽器経験不問
・現在、芸能事務所やモデル事務所に無所属、合格後、マネージメントを担当する合同会社(新設)と専属契約を交わることが可能な方
・二次審査、三次審査、最終発表に参加可能な方
・主な活動地域は東京都内、合格後上京、在住の相談ができる方

オーディションスケジュール

・9月4日~10月31日:書類による一次審査
・11月23日~12月2日:二次審査。
・12月中旬頃:最終審査
・12月23日:Zepp Tokyoにて最終メンバーと、バンド名を発表
・2019年春デビュー

バンドメンバーの募集なのに、音楽・楽器経験不問でいいというところが驚きですね!これには「個性溢れる女の子が集まって欲しい」という秋元康さんの思いがあるからだそうです。

楽器の経験がなくて2019年の春にデビューするというのは時間的にかなりハードルが高い気がします。大丈夫なのでしょうか!?

スポンサードリンク

ガールズバンドオーディションは出来レースでヤラセ?

一般募集で応募する女の子達からしたら、出来レースでないことを祈りたいですよね。

しかし同じく秋元康さんがプロデュースを務める坂道グループの合同オーディションでは、一部で「出来レース」という声があがっています。

合格者の中には、すでに芸能事務所に所属している子が多数いて、一般人ではない「セミプロ」が多いことが理由かもしれません。

でも乃木坂46のエースである白石麻衣ちゃんや、握手会ナンバーワン人気の西野七瀬ちゃんなど、一般募集から成長した子が多いのも事実です。欅坂46のセンターを務める平手友梨奈ちゃんも素人からの始まりでした。

たとえ芸能経歴がなくても、国民的ガールズバンドを引っ張っていけるような魅力溢れる子には道はある!そう信じて、ぜひ頑張ってほしいなと思います^^

坂道合同オーディションに対する出来レースの声

秋元康ガールズバンドオーディションは出来レース?まとめ

以上、秋元康プロデュース国民的ガールズバンドのオーディションについてまとめてみました。

一般の応募者からすると、出来レースでないことを祈りたいですよね。また応援しているファンからしても出来レースが多いとちょっと複雑かもしれません。

でも事務所に所属している子も決して楽して入ったわけではありません。一般応募者の中から合格して後にセンターを務めている子もいるので、自分を信じて頑張ってほしいと思います^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です